P4 Tuning Guitar Blog

ギターのこと、その他の音楽の話。

7弦ギターとチューニングについて

ギターの奏法のこととかを書きたいと思うのですが、僕のギターやチューニングはちょっと特殊なので、先にその辺を説明しておきます。

 

僕のメインギターは、strandbergというメーカーのboden OS CL7という機種です。

f:id:macoto-closet-studio:20181112205944j:image

 

まずヘッドレスなんです、めちゃくちゃカッコいいですよね。異論は認めません。かっこいいです。

そしてよく見ていただくと、7弦ギターなんです。ますますカッコいいです。

 

7弦ギターの場合、普通は7弦をBにチューニングします。低音から順にBEADGBEですね。

ただ、僕はちょっと違うチューニングにしてます。

低音から順にBEADGCFです。

 

普通のチューニングだと、3弦Gと2弦Bだけ、音程が長3度(半音4つ分)になります。3弦4fと2弦解放が同じB音、という関係。他の、7弦と6弦・6弦と5弦…などの音程は完全4度(半音5つ分)なのに、いわば一カ所だけズレている。

僕のチューニングでは、これが全部完全4度音程になります。

これにはいろんな利点があって、僕は完全4度チューニングが「もうひとつのレギュラーチューニング」くらい広まってもいいとすら感じているので、そのへんも含めて解説できたらと思います。